「飲食店開店支援」「飲食店再生支援」「焼き師技能検定」「居酒屋アカデミー」 日本居酒屋協会は居酒屋事業を元気にします。

トップ > 日本居酒屋協会 11月定例勉強会 第40回飲食店経営者交流会

日本居酒屋協会 11月定例勉強会 第40回飲食店経営者交流会

開催概要

11月18日(水)日本居酒屋協会の勉強会及び飲食店経営者交流会を行います。

 今月の勉強会は、「地域の活用と共存、震災から5年目を迎えた今」をテーマにし、宮城県 東京事務所 技術主幹 高奥満さ
ん、一般社団法人「東北 食の力 プロジェクト」副理事長 イタリアンレストラン「NOBATTE(ノバッテ)」経営 照井誠さんをお迎えし、飲食店における生産者、地域産業との関わり方や、産地と繋がる事の意味、生産者が望んでいることなどをディスカッション形式でお聞きして参ります。都心部では産直や六次化といった内容をテーマにした店舗が増え続けていますが、地方(ローカル)から東京へ生産者や地域、コンテンツごと進出してくる飲食店は今後増えて来るのでしょうか?様々な角度からお話をお伺いして参ります。

 勉強会の後は、今年8月4日に仙台にて飲食店を経営する当協会の会員メンバーでもあります株式会社スタイルスグループの
佐々木浩史社長が門前仲町にてオープンしました、宮城県・女川町公認のアンテナショップ居酒屋「宮城県女川町 産直鮮魚とマグロの明神丸」と、宮城県漁業協同組合推奨店の「三陸カキ小屋 THE OYSTER MANS」の二つの顔を持つお店で40回目の節目となる飲食店経営者交流会を開催いたします。
 
 お店で提供される、牡蠣、ほや、銀鮭、三陸で随一といわれる定置網漁から獲れる豊富な活魚達。そして、女川の新たなブランドを目指す「女川マグロ」など宮城県の魅力たっぷりなコンテンツは地元で飲食店を経営するスタイルスグループならではの産地との共存とも言えます。ぜひ宮城県の魅力を食と共に感じて頂きたいと思います。なお、交流会終了後20時すぎより、勉強会会場であります串屋横丁にて「2次会」の開催を予定しております。

人数に限りがございます関係上、定員に達した場合、締切りとなりますので、早めにお申し込みをお願いします。


日時場所: 2015年11月18日(水) ※会場が途中で移動になります(徒歩圏内)ので、お間違いのないようご注意下さい。

(1)定例勉強会 16時30分~17時30分(16時10分受付開始)
門前仲町の串屋横丁2F (当協会専務理事 中村 直営店舗) 
東京都江東区富岡1-6-10 富岡ヤマヤビル

(2)第40回飲食店経営者交流会 17時45分~20時00分(17時30分受付開始)
宮城県女川町 産直鮮魚とマグロの明神丸/三陸カキ小屋 THE OYSTER MANS
東京都江東区富岡1‐24‐6
参加費用: 5,000円 (勉強会&交流会参加費 ご飲食代含む)
参加資格 ・日本居酒屋協会会員社、協会会員外の飲食店オーナー様、幹部クラスご担当者様
・協会会員外の飲食業界サポーター企業様(※サポーター企業とは飲食店経営企業外を指します)
※協会会員外のサポーター企業様は協会加盟を検討するための見学としてのみ受け付けます。

エントリーフォーム

参加内容
参加企業社又は店舗名
参加ご担当者様名
(複数の場合は代表者名)
参加人数
メールアドレス
電話番号
送信する