「飲食店開店支援」「飲食店再生支援」「焼き師技能検定」「居酒屋アカデミー」 日本居酒屋協会は居酒屋事業を元気にします。

トップ > 日本居酒屋協会 2月定例会議&第24回飲食店経営者交流会

日本居酒屋協会 2月定例会議&第24回飲食店経営者交流会

開催概要

【 イベント終了しました 】

2014年2月18日(火)、日本居酒屋協会の定例会及び飲食店経営者勉強会/交流会を行います。        
2月は「地域資源と飲食店の共存について」をテーマにし「淡路島」をピックアップし食材や地域資源の活用法について学びます。

「淡路島」は古くより天皇家とも縁が深く、朝廷に数々の食材を献上してきた「御食国(みけつくに)」としても知られていますが、今でも畜産、水産、野菜など食材の宝庫であり、食料自給率が100%を越えている貴重な地域でもあります。
平成22年に、農林水産省から六次産業化・地産地消法が公布されました。その後、六次産業化法により地域資源となる食材を活用し「ご当地グルメ」や「町おこし」、「地域ブランドの創出」など農業や地域食と行政、民間企業などによるコラボレーションが活発化しています。
飲食業においても食材の活用のみならず、地域との交流による新たな業態開発や人材育成など関係性が深くなってきています。
今回は、食を通じて淡路島の地域活性化を図る、「NPO法人淡路島活性化推進委員会」の協力をいただき、淡路島に関して私たちがまだ知らない食材や地域の宝について学んで行きたいと思います。
そして交流会では淡路島活性化推進委員会が運営する生産者直結の居酒屋「淡路島と喰らえ三軒茶屋店」にて淡路島食材を使った「丸ごと淡路島」のお料理を頂きます。

この機会にぜひ地域資源の活用法、淡路島についての情報収集を行っていただければと思っております。協会事業は、会員社でなくとも、具体的に協会かどのような活動をしているのか、ご興味をお持ちいただいている方には、「一般参加」にてご参加いただけるようにしております。                                                  


日程: 2014年2月18日(火)
(1)定例会議 17時30分~18時00分(17時10分受付開始)
(2)第24回飲食店経営者勉強会&交流会 18時00分~21時00分
場所: 淡路島と喰らえ三軒茶屋店
東京都世田谷区太子堂4-23-13遊楽ビル2F
参加費用: 協会会員6,000円、一般参加7,000円(ご飲食代含む)
参加資格: ・日本居酒屋協会会員社、協会会員外の飲食店オーナー様、幹部クラスご担当者様
・協会会員外の飲食業界サポーター企業様(業者様等)は、(1)定例会議へ参加された企業様のみ、飲食店経営者交流会へご参加いただくことが可能です。  
※交流会のみ出席する一般参加のサポーター企業様はお断りをしております。

エントリーフォーム

※すべて必須入力です
参加企業様(店舗)名
参加ご担当者様
(複数の場合は代表者名)
参加人数
電話番号
メールアドレス